ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

実施事業・支援方針

事業種別

障がい者支援施設

施設入所支援 定員50名
生活介護 定員40名
短期入所 定員2名

日中一時支援

支援方針

  1. 利用者様が安全で安心して暮らせるよう支援します。
  2. 人間として生まれながらに持っている権利(人権)を擁護します。
  3. 一人ひとりの個性、主体性、可能性を尊び、生きがいのある生活が送れるよう支援します。

相談支援事業おあしす

事業内容

新篠津村指定の「指定特定相談支援事業所」として、主に新篠津村在住の障がいを持つ方の計画相談を行う事業所です。

重点項目

  • 談者様のニーズを実現するため、相談者様と協働したサポート体制作り
    相談者様が生活を送る中で生まれる希望や想いを明確化し、実現に向けてやるべきことを吟味しながら、サービスの調整や情報提供を行います。
  • 相談者の自己実現の為、総合的かつ継続的にサービスの調整を図る。
    計画内容を日常的、または計画的に相談者様と確認を行い、必要に応じてサービス利用計画や環境の調整を行います。
  • 相談者様の心身の状況や社会環境を充分に把握し必要に応じて働きかける。
    サービス利用開始後も想定される、相談者様のニーズや社会環境の変化等を充分に把握し、社会資源の改善・開発・情報収集を行い、変化に応じたサービスの調整や変更を行います。
  • 近隣地域の相談支援事業所や各種関係機関との連携
    相談者様の多様化したニーズを支援するため、自立支援協議会など各種専門機関との情報交換等を通して連携を図っていきます。
  • 相談支援に関する専門知識と技術の向上
    相談や福祉サービスに関する専門知識や技術向上のため、適切な計画内容であるか検証し、ケース検討会の開催や各種研修会に参加をしていきます。
  • 市町村からの依頼による認定調査業務の実施
    相談者様の障害支援区分にかかる認定調査業務(相談者様の面談・調査資料作成)について調整しつつ実施いたします。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー